FC2ブログ
cassnet image cassnet 活動風景 cassnet アートセラピー作品

バラと和布のアレンジ

TS3A0189.JPG

・実施日時  平成21年4月22日(水)13:15~14:45
・参加者   担当・報告者:山崎  アートコミュニケーター:三上、山崎  ボランティア:長石
・材料    シルクフラワーピンクのバラ、オンシジューム、着物生地(緑・橙・紫系)
       マフィンカップ、色画用紙(金)、紙粘土、フラワーデザイン用ワイヤー
・施設参加者 13人(女性13人、男性1人)

■活動記録■
・唱歌「こいのぼり」「肩たたき」の合唱から入り、こいのぼりの季節から、子供の日、
 母の日の、話題へ。母の日のシンボル、カーネーションの話題から、好きな花の話題へ。
 そして、バラのアレンジ制作を伝える
・マフィンカップに、各自で紙粘土をつめていただく。これがオアシスの代わりになる。
・ばら2輪とオンシジューム5本を各自お好きなようにアレンジしていただく。
・さらに、葉い見立てたグリーン系の和布を加え、最後にアクセントになるよう、
 オレンジ系、紫系の和布を加えて、完成。

●事前のしたく
・マフィンカップの周りに、色画用紙を巻き、ホチキスでとめておく
・和布は、10cm×5cmに切って、中心をワイヤーでし縛ってリボン状にしておく

■考察■
・最初、こいのぼりを和布で作ろうと計画したが、作業工程が複雑になりすぎて、中止。
 急遽、シルクフラワーを購入し、アレンジに変更した。
・アレンジ用のリボンをすでに購入済みの和布で代用したら、思いがけず面白い
 アレンジが完成した。
・参加者のどなたも、お花をいけることに手馴れていらして、手早く制作完了。
 いつもよりたくさん時間が待ったので、職員の方に、お一人お一人ごとに感想・講評を
 お願いしたところ、それぞれのお人柄とあわせて、親近感あふれる言葉の数々を
 伺うことができた。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する