FC2ブログ
cassnet image cassnet 活動風景 cassnet アートセラピー作品

立体ちぎりえ さくら

さくらさくら.JPG
■タイトル 半立体和紙ちぎり絵
■実施日時  平成22年3月25日(木)13:15~14:45
■担当・報告者:山崎  
■アートコミュニケーター:長石、山崎
■ボランティア:なし

■施設参加者 12人(女性12人、男性0人)
■材料 (ひとり分)  
①色紙(18cm×21cmのもの)、
②和紙(美濃和紙 桜の木肌に近い色、天狗紙 桜色)
③羊の原毛(ピンク)
④さまざまな色の色画用紙を、2~5ミリ幅、縦10から15CMによろけ縞のようにランダムにきっておく。(いままで使った材料の残りを活用)
⑤スティックのり
■活動記録■
○童謡「さくらさくら」の合唱から入り、今日のテーマが桜であることを伝える。

○色紙は、裏のクリーム色に砂子のようなものが散っている裏面を使う。
○裏面に、ランダムに切った好みの色の色画用紙を、地平線や、広い草原、庭、あるいは、空や雲などを意識しながら貼る。横方向ばかりでなく、好みで縦やな斜めでもよい。さくら材料.jpg
○幹を表現するための和紙を、一度もみくちゃにする。こうすることで、木肌のざらつきましてを表現する。
○紙の端、3箇所ほど、5CMくらいまで切り裂く。
○切ったところをねじる。これが、桜の枝になる。
○反対側は1CMくらい切り裂く。芭蕉の句を貼った色紙の好みの位置に、直径5mmほどスティックのりをつけ、桜の根っこになる。
○先後に、全体を筒状に丸めて、ねじって、幹を象り、色紙の好みの位置に貼る。
○桜色の和紙を適当にちぎってひねり、先につけた桜の枝に、満開の桜を思い描きながら、どんどん貼り付けてゆく。

○最後に、羊毛を薄く広げ延ばし、桜の木全体を、覆うようにかぶせて、のりでとめる。こうすることで、さくらの「かすみか雲か♪」とうたわれた風情を表現する。

■考察■
○平面的になりがちなちぎり絵でもなんとか 陰影、空気感を表現できないと、思い、今回は和紙を立体的に貼ることに加え、原毛を使ってみた。

○また、桜色、というのはどんな方にも好まれるようで、和紙や原毛の感触のよさとあいまって、皆様に楽しんでいただけたように見受けられた。

さくら屏風

DSC06103.JPG 139-3.jpg

・実施日時  22年3月20日(土)10:10~11:30
・参加者   担当・報告者・アートコミュニケーター:小島・大内  ボランティア:道明
・材料    スチレンボード・毛糸・リボンテープ・ノリ・はさみ
・施設参加者 11人(女性11人)

■活動記録■
・さくら便りの話をする。
・事前に準備した屏風を観てもらい、さくら満開にしましょう!
・ピンク色のリボンテープを15~18mmくらいに切って、幅15mmの半分に
 折った状態で花弁の形に切る。
・糊を濃い色の紙に一人一人分ける。(白内障の人でも見えるように)
・思い思いの枝に手作り花びらを貼る。

■考察■
・小さい花びらを切ることは大変ですが、作業療法として頑張ってもらう。
 一度可愛く出来ると一生懸命、沢山作ってもらえた。
・久しぶりに皆さんでの共同作業でしたが、大好評でした。
・実際のお花見は近くの東我孫子カントリークラブに行くそうです。