FC2ブログ
cassnet image cassnet 活動風景 cassnet アートセラピー作品

落葉

PB090385.jpg PB090386.jpg
PB090387.jpg PB090388.jpg
PB090393.jpg PB090396.jpg


・実施日時  30年11月09日(金) 11:10~12:00
・参加者   3名
担当・報告者・アートコミュニケーター:白土 ボランティア:吉村兄、吉村妹

■材料
 インテリアフレームB4大、ガーデンソフトワイヤー2.5ミリ5.0ミリ、ビニタイ、色紙、民芸和紙、ボンド

■活動の記録
 ①フレームにソフトワイヤーをねじったり曲げたりして木の骨組みを作る
 ②葉の形にカットされた紙をビニタイを挟んでボンドで貼り合わせる  
 ③貼り合わせはリバーシブルに違う柄を合わせたり、同色で貼り合わせたり20本作ります
 ④ビニタイ(中は柔らかいワイヤー)を枝に巻き付けて紅葉し葉が落ちだした木を表現します

■考察
  作品は枠の大きさもあり、又造形が立体的ではっきりしているので、物が見えにくい方にも綺麗ねと好評いただけた
  

キラキラ秋の葉っぱ

PA120354.jpg PA120356.jpg
PA120358.jpg

・実施日時  30年10月12日(金) 11:00~12:00
・参加者   担当・報告者・アートコミュニケーター:白土 ボランティア:佐藤、坂本
・施設参加者 3人(女性)

■材料
 グリッターグル―、ポスカ、透明アクリル板、フォトフレーム枠、下絵

■活動の記録
 ①透明アクリル板にポスカで葉っぱの線画を写す
 ②好きなグリッターグル―を選び線や点等で柄を作る
 ③出来あがったら糊が乾くまで半日程触らない

■考察
  題材、参考作品は紅葉した葉っぱをイメージしてますが、季節柄カボチャでも良いかと
  

十五夜お月さん

P9140323.jpg P9140325.jpg

P9140331.jpg P9140327.jpg


・実施日時  30年09月14日(金) 11:00~12:00
・参加者   担当・報告者・アートコミュニケーター:白土 ボランティア:吉村、佐藤
・施設参加者 3人(女性)

■材料
 円とギザギザに切り抜いた厚紙、お花紙、デコパージュペーパー、貼れパネに貼られた台紙、デコパージュ液、大和糊、筆
 両面テープ、野口雨情作『十五夜お月さん』 歌詞

■活動の記録
 ①厚紙円にお花紙を裂いて貼り付け満月を作る
 ②デコパージュペーパーは英字であったり欧米のビンテージ絵柄を使用
 ③細く裂いたペーパーをギザギザの圧紙に貼り合わせる
 ④台紙に円とギザギザの厚紙を貼り草の向こうに満月の構図を作る
 ⑤ギザギザは草を表しますが貼り合わせた紙によって摩天楼にも見える?
 ⑥草の後ろに動物の顔を貼ったり、野口雨情の詞を貼って完成させます

■考察
 不思議の世界感もありますがお月さんは良い顔してます 

トロピカル花飾り

P8100290.jpg P8100291.jpg
P8100296.jpg


・実施日時  30年08月10日(金) 11:00~12:00
・参加者   担当・報告者・アートコミュニケーター:白土 ボランティア:吉村、佐藤
・施設参加者 4人(女性)

■材料
 花(ハイビスカス赤、プルメリア黄ピンク、デルフィニューム 白水色紫藤、カスミ草白)、葉っぱ(ちびモンステラ)
 クリップピン8×0.95、キッチンスポンジ、ボンド、グル―ガン、布用両面テープ

■活動の記録
 ①スポンジは1.5㎝角、高さ1㎝位にカットして上部をコンニャクのようにさいの目に切れ込みを入れる
 ②ちびモンステラ真ん中辺りにスポンジを両面テープでしっかり接着
 ③メインの花、フィラフラワーそれぞれ色を考え選ぶ
 ④メインの花ハイビスカス、プルメリアをスポンジに配し挿す
 ⑤花の間にホットボンドを垂らし固定
 ⑥隙間にフィラフラワーのデルフィニューム、カスミ草、葉を台が隠れる様に、色や花の大きさを考えアレンジしホットボンドで固定
 ⑦カスミ草、葉は扱い易い様に小さくまとめてワイヤリングしておく
 ⑧クリップピンにホットボンドでしっかり接着
 ⑨リボンにスポンジを付け腕輪用も準備

■考察
 ホットボンドは指示された花の位置にこちらで注入させてもらいました
 髪に飾る他、洋服やお持ちのバッグにも飾れ、満面の笑顔で記念写真を撮りました 
  

電球水槽

P7130222.jpg P7130226.jpg
P7130228.jpg P7130229.jpg
P7130240.jpg

・実施日時  30年07月13日(金) 11:00~12:00
・参加者   担当・報告者・アートコミュニケーター:白土 ボランティア:吉村、坂本
・施設参加者 5人(女性)

■材料
   電球型ボトル(PET)、魚しずく型ジェル、コーティングシート、アルミクッション、観賞魚用白石、ステッカー、割箸、モール、

■活動記録   
   ①電球のふたを開け、内側にジェルを割り箸で適宜しっかり押しつけて貼る
   ②ラミネート接着面に魚を挟みポスカで泡を加筆
   ③底に石をいれる
   ④アルミクッションを入れる。細く裂いたお花紙も入れる
   ⑤ラミネートを真ん中へ入れる
   ⑥外側にステッカーを適宜貼る
   ⑦ふたを閉め、モールを巻く

■考察
   ジェルを内側に貼るのは割とスムーズにいきます。但し、場所を変えたい時は少し苦労します
   出来あがりは満足の笑顔でした